小顔を手軽に実現する治療|眼瞼下垂が原因|視界に違和感を感じたら病院へ

眼瞼下垂が原因|視界に違和感を感じたら病院へ

小顔を手軽に実現する治療

注射器

筋肉がやせればエラは解消

顔に関するコンプレックスの1つに「エラが張っている」というのがあります。顔の輪郭には個人差がありますが、人によっては耳の下あたりが外側に広がった状態になっている場合があります。これがエラです。いわゆる小顔ブームの中、この張りを何とかしてなくしたいと考えている人は少なくありません。注意が必要なのは、エラは必ずしも骨格の問題とは限らないということです。エラが張って見える原因には2種類あり、骨自体が外に張り出しているタイプと、筋肉が張り出しているタイプとに分かれます。そして後者の場合であれば、比較的簡単な治療で改善を図ることができます。それがエラボトックスです。エラボトックスは、特殊な薬剤を注入することによって筋肉をやせさせることができる美容整形術です。

施術は注射を打つだけ

エラボトックスに使われるボトックスという薬剤は、シワを目立たなくする治療にもよく使われています。神経の働きを部分的に麻痺させることで、筋肉の収縮を抑える効果があります。エラボトックスでは、この薬剤を顎に注入します。筋肉が張っているタイプのエラは、咬筋と呼ばれる顔面筋の異常発達によるものです。咬筋はその名の通り食べ物を「咬む」時に使われる筋肉ですが、咬む力が強すぎると激しく運動してしまい、筋肉が鍛えられた状態になってしまうのです。エラボトックスを行えば、この筋肉の動きを抑えることができます。すると手足を動かさずにいると筋肉がやせ細っていくのと同じように、顎の筋量が落ちていきます。その結果、スリムな小顔が実現するのです。